TOPスポンサー広告5/12。子育てママに贈る『自分にOK!ホッと一息。ブレイクタイム』開催しました!〉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP心理学講座5/12。子育てママに贈る『自分にOK!ホッと一息。ブレイクタイム』開催しました!〉

5/12。子育てママに贈る『自分にOK!ホッと一息。ブレイクタイム』開催しました!〉

12日(火)に行われた《子育てママに贈る『自分にOK!ホッと一息。ブレイクタイム』》は、
10名のママさん方が集まって下さいました。

とーーーーってもパワフルな、交流分析士上級インストラクターの北村先生のお話しは、
ママ達みんなのココロをときほぐして、素敵なブレイクタイムをプレゼントしてくれてました。


交流分析の手法を使って行った今回の自己分析は、
生まれ育った環境で人は変わる、
7歳くらいまでの間に植え付けられたものが自分の「考え方の癖」「行動パターン」などを作り出している。
じゃ、自分にはどんな癖や行動パターンが植え付けられているのか・・・

「急げ」「完全であれ」「人を喜ばせろ」「一生懸命であれ」など、
(ドライバーというらしい)
日々の自分を駆り立てているもの、
それは小さい頃、親から求められてきたものなのだという。

ちなみに、私は「一生懸命であれ」が強く出た。
自分では、全然そんなつもりはないのに、よく「頑張ってるね」と言われる。
知らず知らずのうちに「頑張らなきゃ」と思っているのか?
確かにそうかも・・・・常に何かを求めて進んでいたい。
でも、それが好きなのだ。
最近は、かなり手抜きも開き直りも覚えてきて、好きなことをして楽しんじゃってる。
それはそれで、いいんだと思える。。。。年かも。。。


さらにちなみに、先生は「急げ」らしい。
確かに先生は、仕事も話もとにかく早い!
何か選択する時も、迷わないらしい「迷う時間がもったいない」らしい。
先生らしい・・・・

それが、その人らしさのように見えているかもしれない。


そのドライバーを自分の子供にも求めている傾向がアルという。

確かに・・・・・


そういえば、今自分の子供に言っていることは、私も小さい頃、親に言われていたことだ。。。。
出どこが分かった!

なんだか、ホッとした。

「自分」が分かると何故かホッとする。


子育てについても、
「長所を伸ばせば短所が引っ込む」
「長さよりも回数」
(たとえば、10分かかる登校を文句を言いながら付き添うよりも、
「いってらっしゃい、あなたは大丈夫だよ」と、
3秒、ぎゅっと抱きしめてあげることの方が愛情を感じられる。)
「子供をけなしている時(日本人は謙遜だと思っている)
子供のことだけでなく、母自身のことも価値を下げてしまっている」
「できないことを求めない」(朝起きて、すぐに動けったって無理)
「7歳くらいまでの子は、くどくど叱っても、内容は理解していない。
怒られるとしつこい。と言うことを教えているだけ、叱る時は短く」
「小学校低学年くらいまでは、人の気持ちなんて分からないんだから、
相手の身になって・・・なんて叱っても無駄」
などなど・・・・・・

挙げたらキリがないくらい、役に立つ話を教えてもらいました。

みんな、耳が痛くなる話だったけど、先生のおもしろおかしい小話で、
みんな和んで笑顔になってました。


終了後、ママさん方から
「育児に煮詰まっていた時なので、行ってよかったです。また先生に会いたいです」
「とてもためになる講座でした。また、北村先生に会いたいです」
「とても元気になるお話しに参加させてもらってありがとうございました。
先生のパワーで心がスーッとして穏やかになりました」
などなど・・・

ラブコール殺到でした。

北村先生。また、よろしくおねがいします!
スポンサーサイト

カテゴリ:心理学講座
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。