TOPスポンサー広告母子支援に携わる方々に『べびぃ整体』を知って欲しい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPべびい整体母子支援に携わる方々に『べびぃ整体』を知って欲しい!

母子支援に携わる方々に『べびぃ整体』を知って欲しい!

今年8月。

新潟テルサにて『べびぃ整体』のセミナーが開催されることになりました!
http://www.petitbreast.com/seminar/2009/08/post_65.html

ありがたいことにお世話役をさせていただけることになった保健師@松山が、
セミナーに向けて、専門家の方々に、発信したい思いを綴ってみました。
ちょっと、立ち止まってみてください。


  
最近、「育てにくい赤ちゃん」増えていると感じませんか?

母親が我が子を殺めてしまう。
乳飲み子が、泣きやまずになげてしまった。
夜泣きがひどくて、殴ってしまう。   などなど。。。

本当に悲しい事件が増えています。


そんな悲しい事件を聞くたびに思うことがあります。

きっと、上手に赤ちゃんをあやすことができていたら・・・
もっと上手に「泣き」に対処できていたら・・・
それを教えてくれる人が側にいたら・・・・
違う結果になったかもしれないのに・・・


実際に、我が子は「育てにくい、大変な子」だ、「上の子は難しかった」
などと話すママは、多い。

何が『育てにくい』と感じさせるのか?

布団に寝かせると起きてしまって抱っこしていないと寝ない、
抱っこしても泣きやまない、
泣き出したら止まらない、夜寝てくれない、
反り返ってオッパイを飲まない、オッパイを噛む などなど・・・・・


そんなこと、当たり前だと思っている人も多い。


私も、それは、当たり前じゃなく、具体策があるということを
『べびぃ整体』を学んで知った。


そして、
小学生の「体力・知力低下」が叫ばれる原因も見えてきた。

妊娠・出産トラブルが増えていることも関連していた。


向き癖や、頭の形も、『育てにくさ』と関係がある。
でも、健診などで心配したママが保健師や医師に尋ねても
「大きくなれば大丈夫ですよ。」
夜泣きにしても、「その子それぞれにそんな時期があるんですよね」なんて、
ママにとっては「今は、我慢するしかない。具体策はない」という答しか返ってこない。

実際、私自身も『べびぃ整体』に出会う前はそう答えていた。


でも、赤ちゃんが泣くのは「仕事」ではない。
「泣く」には原因があり、対処法がある。

親や周りの人が、ちょっと気をつけてあげれば、
スヤスヤ寝顔にさせてあげることができる。


『べびぃ整体』を学んで、
育児相談を受ける立場として、また現場でべびぃに接する専門家として、
引き出しがグーーーーっと増えた。


吉田副代表のセミナーは、『目からウロコ』の連続。

今まで出会ったべびぃやママ達に懺悔し、
早く赤ちゃんを抱っこしたくなる。

学びの多いこのセミナーに、一人でも多くの専門家に参加して欲しい。


新潟のべびぃとママのために、
そして、新潟の将来のために、
母子支援に携わる方達に、
ひとりでも多く『べびぃ整体』を知って欲しい!!!



8月の『べびぃ整体』セミナーに向けて、日々情報発信中。
スポンサーサイト

カテゴリ:べびい整体
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。