TOPスポンサー広告「乳房ケア」のABC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPママ達のお悩み「乳房ケア」のABC

「乳房ケア」のABC

先日、チューリップサークルにお邪魔してきました。

チューリップサークルは、
病院で母乳外来をされている助産師さん主催の、
ママと赤ちゃんのサークル。

8ヶ月くらいまでの赤ちゃんと、
それ以上の子に分けて、
月1回づつ開催されているのだが、
小さい赤ちゃんのクラスにお邪魔させてもらっている。

今回、大変だな~と思ったのが、
母乳外来の予約表がビッシリ詰まっていて、
更に予約の電話が入り、
緊急を要するママも多いらしく、
助産師さんも困り顔でした。

痛い、辛いと駆け込んでくるママを助けてあげたいが、
先々まで予約があり、大変なのだそうだ。

サークルの中でも、おっぱいトラブルについての質問が飛び交っていたので、
今回は、おっぱいのためにいいママの体操をお伝えしてきた。

上半身の循環を良くし、おっぱいトラブル防止のためには、
カラダ全体をケアすることが大事なのだ。

カラダ全体のケアも、大切にできるといい。


母子整体研究会式、「乳房ケアのABC」は、

A:「骨盤支持」
 
 骨盤が、ゆるゆるでは、ゆがみも起きやすい。
ゆるみ・ゆがみしている骨盤では、
全身の循環は良くないし、
おっぱいの循環も良くない。
カラダは、冷えるし、おっぱいも冷える。


B:「楽に授乳するための操体法」
 (上体ひねり・カイグリカイグリ・手パッパなど)

骨盤がゆるみ・ゆがみしていると、
上半身もグラグラするし、
背骨や首・肩・肘もゆがんでいることが多く。
そのために、肩や首の凝り、腱鞘炎などの症状もおこることもある。



C:「テイクケア」
 肩甲骨や、肩・肘などの調整。


と、カラダ全体からケアしていく。

AやBは、セルフケアで、家庭でできる。
それでも、辛い時は、
施術を受けると、早く楽になるが、
妊娠中からセルフケアをしていると、
異常なまでのトラブルは予防できるし、
トラブルを起こした時、
セルフケアを少しでもしてから、
母乳外来などでケアしてもらうと、
ママ自身の痛みも、ケアする側も少し楽。


授乳中のママたち。
「乳房ケアのABC」
是非!学んでもらいたいな~
スポンサーサイト

カテゴリ:ママ達のお悩み
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。