TOP子育て



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
「自己肯定観を高める心理学講座」に参加しました!

自己肯定観を高める心理学講座に参加しました!

講座では、「素質論」を基に、
自分を含め身近な人のタイプ=素質を先生から分析してもらいます。

タイプには、3パターンあって

ヒューマンタイプのHタイプ
無邪気なAタイプ
合理的。論理的なEタイプ

自分のタイプを知ること、
そして、身近な人のタイプを知ることで、
その人にどう対応したらよいかのヒントになる。

たとえば、子供もタイプがあって、
その子の素質によって、好きな褒められ方・叱られ方がアルのです。
その子が喜ぶ褒められ方や、効果のあるしかり方をすることで、
その子は、グンっとやる気が出る、伸びていくのだと言います。

実際、家の子にも、帰ってからやってみました。
無邪気な長女は、「すごいね~」と褒めると、メチャクチャうれしそう。
ご機嫌に過ごしてました。
ヒューマンな長男・次男には、「一緒にやろう、助かる~」などでお手伝いをお願いすると、
スンナリやってくれる。。。。

ホントだ・・・・


子供が喜ぶ声のかけ方を知っていると、
お互い穏やかに過ごせる。
笑顔が増える


また、テーマの「自己肯定感」については、
子供は、親の関わりが「自己肯定感」を、高めたり、低くしたり、する。
子供が喜ぶ声かけをすることは、
子供の「自己肯定感」を育てることになる。

自己肯定感を高めて、自分で自分の道を切り開いていける人になって欲しいな~。


自分自身の「自己肯定感」は、
講座のスタート当初と、終了後では、私を含め、参加者全員が向上した。
数字で表現するので、分かりやすい。

そして、講座では、自分のいいところを探したり、
相手の良いところを探したり、
それぞれのタイプを知って、喜ぶ声かけをしてみたりするので、
講座中、笑顔が絶えない。
本当に楽しい講座だった。


そして大事なことも学んだ
「感情と事実は、別もの」
「小さな成功体験の積み重ねが、自己肯定感を高める」
「自己肯定感が高い人は、人を褒めることができる。
                低い人は、人をうらやむ」
「子供は、褒めて育てる。
 他人の前で子供をけなさない。
 親が褒めなくてどうする!」


北村先生のパワフルな講座は、本当に元気をくれる。
先生の講座は、
話を聞くだけじゃなく、ツールを使って、
自己を分析し、明日からの人間関係、育児に活かせる実践的なものだ。


これは、多くのママ達にも、
体験して欲しい!

早速、決めました!
10月15日(木) 13~17時。
 小針青山公民館 和室。で、やります!
参加費 1500円


ますます笑顔になれる、
北村先生の講座に是非!ご参加下さい。

詳細は、お問い合わせ下さい。
mixiコミュ「はっぴぃママサークル いちばん星」でも、紹介してます。

携帯の方はコチラ
スポンサーサイト

カテゴリ:子育て
股上の深~いズボンが出来ました!

と言っても、作成は、mixiのマイミクさん。


以前から欲しかった、股上深~いズボン。


なぜ?なぜ???


人間の健康は「頭寒足熱」

で、どこから下を温める?

それは・・・横隔膜から下なんです

赤ちゃんも、大人もそう。

でも、赤ちゃんって、お腹ポッコリだから、

ズボンがずり落ちちゃって、

お腹出して寝てたら風邪ひいちゃって・・・

なんてコトがよくある。

腹巻きやレッグウォーマーも、お薦めなのだが、

ポッコリお腹では、それもずれやすい。

そこで・・・お裁縫上手なマイミクさんに、

股上深~いズボンをお願いしてみた ら、出来ました~\(^O^)/

      1283089682_240.jpg

私が作ったのではありませんが、気になる方、ご一報をσ(^^)

以前も、お知らせしたことがあるんですが、
頭寒足熱を教えてくれたひろ助産院さんの「季節のお知らせ」ももひきスタイルもご覧下さいね。

カテゴリ:子育て
知らないって、恐ろしい。っていうか、おもしろい!

5歳の娘との会話。
バラエティーが分かる方。笑ってください(^◇^)(^◇^)(^◇^)

娘「お母さん。アンビリーバボーと、仰天ニュースと世界丸見えとどれがスキ?」
私「ん??? どれもおもしろいけど・・・・」(似たようなもんかな・・)
娘「私は、アンビリーバボー!
  だって、ビートたけしが出てるもん!」
私「へぇ~ビートたけしスキなんだ~」
娘「うん!おもしろいもん!
  レッドカーペットとか出ればいいのにね~♪」
私「え???ビートたけしがレッドカーペット???
  (実現したら、すごいよな~(^◇^;)
娘「うん!ゆってぃとかとコラボすればいいんだよ」
私「すご~い!(大爆笑(^0^;)(^0^;)(^0^;)(^0^;)(^0^;)」


将来は、斬新なアイデアの敏腕プロディーサーだ!\(^O^)/

カテゴリ:子育て
「いい親とは」

幼い頃には抱きしめ、

思春期の頃には、

離れて立ち、子供の幸せをただ祈る親である・・・
 

     by 碓井真史 

カテゴリ:子育て
子供の成長。3歩進んで2歩下がる。

我が家の現在小2の次男。

昨年の秋から3月まで、1年生の間は、同伴登校していた。
2年生になり、担任の先生も変わり、
比較的、調子よくスタートを切ったこともあり、
新しい先生と相談し、2年生からは授業には同行しないことに決めた。

本人が言い出すまで待つのがいいかとも思ったのだが、
私が側にいては、どこか特別扱いされている感があって、
そこを何とか打破したかった。

先生も、
「彼は大丈夫ですよ!特別扱いはしません。
泣いても置いていってください。」と言ってくれた。
4・5月は、朝の別れの時に、酷く泣くことがあり、
校長先生まで飛び出してきたこともあった

そこまでして学校行かなくてもいいんじゃない?
と言う気持ちになったこともあったが、
帰りに迎えに行くと、うれしそうに友達と学校から出て来て、
楽しかった~。昼休みは、O○くんと遊んだ。。。など話してくれる。
時には、ランドセルだけ預けて、友達と歩いて帰ったり・・・

朝、酷く泣くのは、何故か?
「友達が少なくて、つまらない」と言った。
それが理由なら、学校へ行って友達を増やすしかない。

いつしか、私の中で
朝、どんなに泣いても、学校へ連れて行こう。
行けば、ユウなりに過ごせるはず。
と覚悟を決めた。

毎日泣きながらも学校へ行き、
帰りには、元気に帰ってきた。

徐々に、5月下旬頃から、休みの日も友達が遊びに来るようになり、
朝、学校へ送っていっても、泣かなくなった。

そして、昨日、いつも通り、帰りに迎えに行ったら、
「お母さん来なくても良かったのに!!!」
と怒っている。

彼なりに日々成長してるんだ。。。。
すごい!!!感動 (;O;)



と上記は、朝早くに書いていて、
途中でさっき、
学校へ送って行ったら・・・・・

今日は、ギャン泣きでした

そんな日もあり。。。
まさに、3歩進んで、2歩下がる。。。。
子供の成長って、毎日、365歩のマーチ・・・
それでも、必ず前進している。。。。。少しづつ少しづつ。。。親も成長させてもらってます

カテゴリ:子育て
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。